ボードゲーム

みんなでブーッ!子ども大好きおならのゲーム「ガス・アウト」を紹介。笑えて楽しいボードゲーム!

今回は、子どもうけ間違いなしのみんなで笑って楽しめるおならゲーム『ガス・アウトゲーム』を紹介します。

単純で簡単なので、お家の人と一緒にはもちろんの事、子どもたちだけでもプレイができて、盛り上がること間違いなしです。

ゲームに入っているもの

  • おならの形をしたキャラクター『ガスター』(別売りで単3電池二本必要です)
  • ガスアウトカード56枚

カードの種類

1~5の数字が書かれたカード・スキップカード・リバースカードがあります。

ガスアウトのあそび方

  1. ガスターのスイッチをONにして、音がちゃんと出ることを確かめたうえで、テーブルの中央に置きます。
  2. よく切ったカードをプレーヤー全員に3枚ずつ配り、残ったカード(引き札)はテーブル中央のガスターの隣に置きます。
  3. 年下から順番にプレーしていきます。(じゃんけん等で決めてもOK)自分でどのカードを出すか決めて、手持ちカードから1枚出します。数字の書かれたカードを出したときは、そのカードに書かれた数字の数だけガスターを押しますスキップカードを出すと、次の番の人が抜かされます。リバースカードを出すと、プレイの順番が反対周りになりますので、また出した人の番になります。必ず1枚カードを出した後は、引き札から1枚カードを取って常に3枚持つようにします。
  4. 順番にガスターを押しているうちに、いつかのタイミングで「ブゥゥー」とオナラの音が鳴りますオナラの音を鳴らしてしまった人は、そこでアウトです。残りのプレーヤーでゲームを続けます。最後までオナラの音を鳴らさずに、生き残ったプレーヤーが勝ちです。オナラの音はランダムになるので、規則性はありません。運がある人が勝つでしょう!!

対象年齢:5才以上  プレイ人数:2~6人

3人でプレイする場合👆

ゲームをしてみての感想

子どもは、こういったオナラとかう〇ちとか、少し下品なものが大好きですよね(笑)。我が家の幼稚園児の息子も楽しんでゲームしていました。

最初は、ボタンを押してオナラの音がしたら『負け~』と言われるのを嫌がっていたので、『オナラの音がしたら勝ちだよー』とルールを変えて、プレーしていました。

我が家ルールは、オナラの音を最初にした人が一等賞で、最後に残った人が負けというやり方に変えています。

また、子どもがやりやすいように、はじめから一人に5~6枚ずつと多めにカードを配っておいたり、引き札から足すルールは無しにしたり、自分が出したカードの数字の数だけ他のプレーヤーにガスターを押させるとか、年齢に応じて少しずつルールを変えていました。簡単なルールに変えると、家族みんなで楽しめると思います。

ぜひ、ステイホーム中に家族みんなでボードゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか…?

可愛いミニオン版のガスアウトゲームもあります!!